PR

part1

1
世界で最も素晴らしい大学の一つの、あなた方の卒業式に今日、あなた方といられる事は名誉なことでる。今日は、私の人生の中から3つの話をしたいと思います。それだけなんです大したことではないんです。ただの3つの話です。
2
初めの話は、点を結ぶ事についてです。私はリード大学を最初の6カ月で中退しました。そこに意味( 目標 )が見出せなかったからです。私は自分の人生で何がしたいのか、大学がそれが分かるのにどのように私に役立つのか全く分かりませんでした、それで私は中退し、全てがうまくいくと信じることに決めたのです。それは、当時はとても怖かったですが、振り返ってみると、私が今まで下した決定のなかでももっともよい決断でした。中退した瞬間に、私は興味がなかった必修科目を取るのをやめ、面白そうな授業は何でも立ち寄り始める事が出来たのです。

NEW WORDS and PHRASES
honor: 栄誉を授ける   commencement: 卒業式、始まり  connect: つなぐ  dot: 点  scary:怖い  decision: 決定、決断  require:必要とする  whatever:~なものは何でも  That’s it.:それだけ。 No big deal. : 大したことじゃない。 drop out ( of A ): 中退する  have no idea~: 分からない  figure out A/figure A out: Aを理解する、分かる drop in ( on A ):Aに立ち寄る

part2

3
私はカリグラフィーの授業を取ることにしました。私は書体のひげやひげなしについて、さまざまな文字の組み合わせの間のスペースの幅を変化させることについて、素晴らしい活版印刷をより素晴らしくさせることについて学びました。それは、美しく、歴史的で、科学では説明できない繊細な芸術的方法でした。私はそれに魅力を見出していました。
4
これらのものは、今まで全く私の人生の中で実際に使おうとは思っていませんでした。しかし、10年後、私が初めてマッキントッシュコンピューターのデザインをしていた時、それが全て私に返ってきたのです。私はマック中に全てを取り入れたのです。もし私が中退しなかったら、カリグラフィーの授業を覗いてみなかったでしょうし、パソコンは今ある素晴らしい印刷形態を持たなかったでしょう。あなたは、行く手に見える点を繋ぐ事はできません;あなたは、後方に見える点のみを繋げられるのです、だから、将来どういうわけか点が繋がっていくだろうと信じなければならないのです。

NEW WORDS and PHRASES
calligraphy: 西洋の習字  serif:セリフ[ タイプフェイス用語。文字のストロークの端にある小さな飾りのこと。「うろこ」、「ひげ飾り」、「ひげ」とも呼ばれる。 ] san-serif:サンセリフ[セリフのない書体のこと] typeface:書体  vary:変える combination: 修正する、変える  typography:活版印刷、すり具合  historical: 歴史的な  artistically:芸術的に subtle: 繊細な、複雑な、難解な、僅かな  fascinating:魅了する none: 全く~ない  practical: 実用的な Mac(intosh):マッキントッシュ[アップル社のパソコン名で元々はリンゴの種類名] personal: 個人的な、個人の  backwards: 後方に、遡って trust:信頼、信頼する  somehow:どういうわけか、なぜか、何らかの方法で

part3

5
私の2番目の話は、愛と喪失についてです。私が30歳になった時、アップルを解雇されました。それは、衝撃的なことでした、しかし私は自分がしている事をまだ愛している事に気がつきました、ですから私は初めからやり直そうと決心しました。それから5年間、2つの新しい会社を立ち上げました。そのうちの1つは現在世界で最も成功しているアニメのスタジオです。事態の予想外の展開で、アップルが(私の)もう一つの会社を買い、私はアップルに戻ったのです。
6
私を前進させ続けた唯つのことは、私が自分のしていることを愛していたということです。あなたは自分が大好きな事を見つけなければなりません。あなたがどんな仕事をしようと、それはあなたの人生の大部分をしめるのです、そして、真に満足する唯一の方法は、あなたが素晴らしい仕事だと信じている事をすることです。そして、素晴らしい仕事をする唯一の方法はあなたがしていることを愛することです。もし、あなたがまだそれを見つけていないのなら、探し続けなさい。とどまってはいけません。

NEW WORDS and PHRASES
devastating:衝撃的な、破壊的な、痛烈な  animation:活気、アニメ  studio:スタジオ  remarkable: 驚くべき satisfy: 満足させる  settle:落ち着く、とどまる  A is fired from B:AがBに解雇される  start over: 初めからやり直す   in a ( remarkable ) turn of events:事態の驚くべき変化ので、事態の予想外の展開で   have got to do:しなければならない

part4

7
私の3つ目の話は死についてです。1年ほど前、医師が私に、私はがんなので、あと3カ月から6カ月しか生きないだろうと言いました。幸運にも、私は手術を受け、今元気でいます。この経験から、少しは確信を持ってあなた方に言うことが出来ます:あなたたちの時間は限られています、だから誰か他の人の人生のために生きることで自分の時間を無駄にしないでください。他人の意見という雑音にあなた自身の内なる声をかき消させないでください。そして最も重要な事ですが、あなたの心と直感に従う勇気を持ってください。それらはなぜか、あなたが本当になりたいものを既に知っているのです。他の全ての事は、2藩目なのです。
8
私が若いころ、素晴らしい出版物がありました、そしてその最終号の裏表紙に私はこの言葉を見つけました:「ハングリーでい続けろ。愚かであり続けろ。」私は、いつも自分にそうであることを願ってきました。そして今もです。私はあなたたちもそうであって欲しいと願います。

    ハングリーであれ。愚かであれ。皆さん、どうもありがとう。

NEW WORDS and PHRASES
fortunately: 幸運にも  certainty:確信 waste: 無駄、無駄にする  drown:溺れる、水びたしにする、音などをかき消す inner: 内なる  importantly: 重要な事に   courage:勇気  intuition: 直感  secondary: 2番目の issue:問題、号 drown out A/ drown A out:Aをかき消す