平田オリザは、日本で最も有名な劇作家の一人だ。彼はまだ16歳のとき、16ヶ月間の自転車で世界旅行をした。
旅の直後で彼が18歳のとき、彼はそれについての本を書いた。

PR

1

私は子供の頃でさえ常に自転車や旅行を愛してきた。私が13歳の頃、私は世界中を回っていく計画を立てた。私は世界旅行に行くと人々に言ったが、真に受ける人はいなかった。
彼らはこう言うだろう。「ばかみたいな夢は捨てて、地に足をつけたらどうだ。」
しかし、それは私を止めなかった。私が成功しさえすればいいのだ。そうでなくても、私は失敗から生き方を学べるだろう。
私のモットーは、「柔軟性と楽観主義」だ。私は真剣に計画し始めた。
夜間高校に行くことに決めたので、日中に旅行のためのお金を稼ぐことができた。
私はラーメン屋、パン屋で働き、また新聞配達少年として働いた。幸い、両親は私を支えてくれた。彼らは独立するという私の願いを尊重してくれた。
私は高校から2年間休暇を取った。私は新しい自転車を購入し、パスポートを手に入れ、ロサンゼルスへの航空券を手に入れた。

1979年5月5日、私は旅路に出た。

NEW WORDS and PHRASES
playwright:劇作家  traveling:旅行  cycle:サイクリングする  silly:ばかな  succeed:成功する  flexibility:柔軟性  optimism:楽観主義  bakery:パン屋  independent:独立した  leave:去る

2

5月7日、私はロサンゼルス空港から自転車旅行を始めた。私が信号で止まったとき、誰かが呼ぶのが聞こえた「やあ、どこへ行くんだい?」自転車に乗った若い男だった。

 「ニューヨークだ!」と私は言った

ちょっと困惑した様子で彼は言った、
「あなたはどこへ行くんだい?」「ニューヨークだ。」
「ニューヨーク!」彼は繰り返した。

私は彼の英語をほとんど理解することができなかった。わかったことは彼の名前がデニスであり、彼が私を彼の家に招待していたことだけだった。少し迷ったのち、私は受け入れた。デニスは友人と彼の妻と家をシェアしていた。妻の方が偶然にも日本語を話せた。私は一緒に夕食を食べた。ーーフライドチキンとフライドポテトとデザートにアイスクリームも。デニスは何か取り出して私に読んだ。それは自転車旅行者を支えた 人々のリストだった。

デニスは私がどの家でも無料で食事をして泊まることができると説明した。

その名簿は非常に役に立った。アメリカ全土をサイクリングしながら、私は20軒の家を訪れ、多くの友好的な人々に会い、それをフル活用した。
デニスに会ったこと、旅行の最初の日にこの素晴らしい贈り物を受け取ったことは、人生の神秘において私を驚かせた。人生の多くは運とチャンスによって決まる。

NEW WORDS and PHRASES
hardly:ほとんど  figure:姿  hesitation:躊躇  fried:揚げた  directory:住所氏名録  mystery:神秘、謎

3

自転車旅行の間は良い日も悪い日もあった。たびたびタイヤがパンクした。実に18回!そして時として天気が問題になった。人々が助けになったが、常にそういうわけではなかった。

ほとんどの日をテントの中で寝た。スペインでは来る日も来る日も雨が降った。ある朝、私は起きると全てのもの、寝袋さえもが濡れていた。ホテルに移動しなければならなかった。イングランドのケンブリッジでは日記を書いている時に、誰かがテントに石を投げて始めた。アジア人をからかったような歌を子供が歌っているのが聞こえた。

人種差別かただのジョークだったのか?
イングランドでは良い友人ができたことを思い出し、怒らないように決めた。夜は私には暗かった。
*remind oneself:思い出す

フランスでは、パスポートをなくした。幸運にも、警察に届けてくれた誠実な人がいた。 数日後には取り戻せた。知らない人の親切さに感銘を受けた。イタリアのミランでは、私の持ち物は全て盗まれた。非常に悲しい思いをし、旅行をやめようとさえ考えた。そして私が経験して来た親切なあらゆる行いを思い出し、続けることを決めた。26ヵ国を訪れ、約2万キロを自転車に乗った。1980年9月17日、無事に帰路についた。
*safe and sound:無事に

NEW WORDS and PHRASES
helpful:役に立つ  wet:湿る  racial:人種の  discrimination:差別  honest:誠実な  belonging:持ち物  steal:盗む quit:やめる  sound:音がする

4

日本に帰って来ると、人々は同じ質問をしたのが思い出せる。「旅行から何を学んだの?」いつもこの問いに答えるのに苦渋する自分に気づくのだ。多くの国に訪れたのは事実だし、この経験がこの後の私の人生で役に立つとわかった。

私は多くの友人も作った一方で、自力で生きることも学んだ。

人々は大きな一般論を聞きたがっていることはわかっている。しかし、私は単に「人生は厳しいため、それぞれ共に生きることを学ばなければならない」とか「人類にもっとも重要なのは自由であり、自由な人生を送る準備ができている。」みたいな何かを言うことはできない。

その代わりに笑って口ごもる「うーん、そんなないよ。経験が将来助けになるかもしれない。わからないけど。」
いま私は18歳だ。この時点ではまだ私は旅行から何を学んだかを明確に答えることはできない。私の前には長く伸びた道があり、さらに先に多くの曲がりくねった道に枝分かれしている。
将来振り返った時、旅で学んだことを言えるようになりたい。今私が言えることは家に帰った少年は16ヶ月前に日本を旅だった少年とは別人だったということだ。

NEW WORDS and PHRASES
rest:残りの  generalization:一般論  mumble:口ごもる  definitively:決定的に  branch:枝分かれした  winding:曲がりくねった

Optional Reading

Across the Australian Outback

平田オリザが世界旅行を少し前に、ロビン・デヴィッドソンという名の若いオーストラリア人女性が自身の大冒険を始めた。1977年、彼女は犬のディッギティと4匹と共に西オーストラリア砂漠を横断し始めた。彼女の目的地はインド海で、9ヶ月もかかる2700kmを超える旅だった。

彼女が25歳となる1975年、砂漠を渡る夢を果たすためにデヴィッドソンはアリススプリングスに移動した。

彼女はラクダと共に働き方の授業を取り、お金を稼ぐためにバーで働いた。2年後、仕事で稼いだお金、友達からの借金、ナショナルジオグラフィック協会からの経済援助で、彼女は旅路についた。

旅は美しさに満ちていた。デヴィッドソンは珍しい木や花を見た。夜になると、空には星々が幾億万もの微かな光を放っている。

彼女は原住民と出会った時、彼らの生き方を学び、力強さと誇りに心を動かされた。

しかし、困難もあった。時としてデヴィッドソンは喪失感と孤独感を感じた。水のために、彼女はラクダで運んだ水入りの缶、雨、井戸水を使った。一度、友人が彼女に水を持って行くために数百マイルも運転した。

デヴィッドソンの自分の旅についての本、トラックスはベストセラーとなり、世界中の若者に刺激を与えた。

2013年、映画版トラックスは作られた。

彼女の本の中で、デイヴィッドソンはこう語った。「私が学んだ重要な事は二つ、自分自身がそうなる決めただけパワフルで強靭になることと、もっとも難しい試みの一環は最初の一歩、つまり最初の決断を下すことであるということだ。」

Comprehension

Check

1. 平田オリザが世界旅行から「たいしてなにも」学ばなかったというのは、______C_____と言うことをを意味している。

 a. 彼はよい経験をあまりしたわけではない

 b. 彼は学校に行けなかったので残念だ

 c. 彼は彼が実際に学んだものが何なのか、今は確かではない

2.平田が彼の旅行で実際に下した一般論は次の内どれか?____b____

 a. 自由が私たちにとって最も重要なことだ。

 b. 私たちの人生は,運とチャンス次第だ。

 c. 他人へに見知らぬ人たちの新設が私たちの人生を豊かでよりよくする。

3. 平田について本当ではないのは次のどれか? _____c_____

 a. 彼は劇作家だ。

 b. 彼には自分の計画を支援してくれる両親がいた。

 c. 彼は柔軟性を楽観主義を信じていなかった。

Summary

 When he was 16 years old, Hirata Oriza bicycled around the world. He started in Los Angeles and met many friendly people in America. In Europe he had interesting ( 1. experiences ).  He had flat tires, got rained on, lost his passport and had his (2. belongings ) stolen.Still he kept on. When he was asked what he had learned from his (3. trip ), he couldn’t give big (4. generalizations ). All he could say is that he is (5. different ) from what he was before.

平田オリザが16歳の時、世界を自転車で周った、彼はロサンジェルスを出発し、アメリカで多くの親切な人達に会った。ヨーロッパでは、彼は面白い体験をした。タイヤがパンクしたり、雨に降られたり、パスポートや持ち物をなくしたりした。さらに彼は続けた。彼の旅行から何を学んだか尋ねられた時、彼は大した一般論を言えなかった。彼が言えたことは、以前の彼とは違うということだけだった。

Exercises

1

1. Hirata Oriza went ( on ) a trip when he was 16 years old. *went on a trip: 旅に出た

 平田は16歳の時、旅に出た。

2. I waited for the rain ( to ) stop. *to 不定詞の意味上の主語はその前に{for~}と置く

 私は雨がやむのを待った。

3. He spoke so fast that I could not figure ( out ) what he said. *figure out: 分かる *so ~that・・・:とても~なので・・・

 彼はとても早くしゃべったので私は彼が何を言っているか分からなかった。

4. That experience turned ( out ) to be useful for the rest of her life. *turned out to be~:~だと分かった

 その経験は彼女の残りの人生に役に立つと分かった。

2

1. We should not ( depend ) too much on teachers.

 私たちは先生にあまり頼り過ぎるべきではない。 *depend on~: ~に頼る

2. I couldn’t remember Judy’s ( saying ) such a silly thing. *remember ~ing: ~したことを覚えている

 私はジュディーがそんな馬鹿なことを言ったなど覚えていられなかった。

3. I would like you not ( to take ) a leave in the high season. *take a leave: 休暇を取る *would like (人 ) not to 動詞: (人)に~してもらいたいたくない

 私は、あなたにハイシーズンに休暇を取って欲しくない。

4. The pay is so low that she is thinking of ( quitting ) the job. *of(などの前置詞)の後の動詞は動名詞をとる

 給料がとても低かったので、彼女はその仕事を辞めることを考えている。

3.

1. The train, ( which is more expensive than the bus ), gets there 20 minutes faster.

2.  ( Akira, who kept working all night, is sleeping ) now.

3. There is no ( reason for him to get angry ).

4.

1.She says that she keeps a bear as a pet, which can’t be true.

2. Your sister, whom I met for the first time yesterday, seems to be a really nice person.

3. My mother doesn’t like my (me) playing computer games late at night.